ご列席衣装について

タキシードステーション 大阪店

こんにちは。東京店Hです。

 

今回は、結婚式に参列される方に向けた、

衣裳の紹介をしたいと思います。

当店のお勧めは、ディテクターズスーツか黒タキシードになります。

2つともお値段は13,500円+消費税になります。

 

 

ディレクターズスーツは、お昼間の準礼装のものになっており、

モーニングコートより格としては1つ下にはなります。

親族、主賓、上司の方が基本的に着用するものになります。

モーニングコートとの違いは基本的にジャケットのみ違います。

着丈が短いものになります。

最近は結構ディレクターズスーツの着用が多くなってきており、

在庫も少なくなりますのでお早目のご来店お待ちしてます。

 

 

 

 

 

 

 

黒タキシードは一般的に夕方6時以降からでの準礼装になります。実際にご新郎様も着られるものになりますので、試着前に確認していただければと思います。

また、夕方といっても最近は時間問わず着られることが多いので午前中でも着用可能です。

靴はエナメル靴が正装になります。

 

 

 

 

また、一般的なNGとして、

派手なスーツやカラーシャツはNGです。基本的には、白無地は一番問題ありません。

格式が高い式でなければ、パステルカラーや薄いストライプ柄のシャツであれば

問題ないと言われております。

主役はご新郎様、ご新婦様になりますので2人より目立たないようにしてください。

 

お直しがご使用日2週間切ってしまうと袖や股下のお直しができませんので

お早めにご来店頂ければと思います。

また次回の投稿でお会いしましょ~。